ENHYPEN

ENHYPEN韓国人気ない?日本や海外との違いがあるのはなぜなのか調べてみた

ENHYPEN 韓国 人気ない 日本 海外 違いがある なぜ
Pocket

ENHYPENと言えば、音楽性やパフォーマンス力が高いだけでなく、多国籍なメンバーが多いことでも注目のグループですよね!

日本、アメリカ、オーストラリアや韓国の国籍のメンバーで構成されているので、海外での活動ではほとんど困らないほど、グループ自体がグローバル!

ですが、ENHYPENは韓国での人気がないと言われているそうなんです!気になりますよね〜?

海外人気があって韓国での人気がないのはなぜなのか、徹底的に調査してきました♪

題して、ENHYPEN韓国人気ない?日本や海外との違いがあるのはなぜなのか調べてみた!です♡

ぴよよ
ぴよよ
是非最後までご覧下さい♪

ENHYPEN韓国人気ない?

まず、ENHYPENが韓国で人気がないと言われている理由が、何なのか見ていきましょう。

  • サバイバル番組「I-LAND」の低視聴率
  • 韓国がサバイバル番組自体に飽き始めている
  • 個性が弱い
  • 同じようなビジュアル(I-LAND参加者自体)
  • 事務所が本国人気の為に力を入れていない

調べたところ、SNSではこのような声が!!

ENHYPENはK-POP第四世代と呼ばれている世代になりますが、激戦区と呼ばれるくらい本当にグループ数が多いんですよね。

個人的には、事務所の売り込み方や今の韓国国内市場を見ても、海外人気でバズった方が、手っ取り早いと思っています。

確かに、デビュー当初は韓国での人気や注目度はそれほど高くなかったですが、徐々に人気も出てきているので、決して「人気がない」というわけではなそうでした!

ぴよよ
ぴよよ
国によって人気メンバーが変わるのも、もはやK-POPあるある!

ENHYPENの人気は韓国より日本の方がある

では、日本と比べたらどうなのか!韓国と日本では、確実に日本での人気の方が高いと思います。

元々、I-LANDの盛り上がり方も日本の方が圧倒的でしたし、グループ内に日本人メンバーがいるというのも、その理由の一つでしょうね♪

成長の過程を知ることで、感情移入したり、応援したくなる、という気持ちが強くなるのが、サバイバル番組の特徴。

特に日本人はその傾向が強い、とも言われていますし、番組の内容に一喜一憂してしまう方も多かったのではないでしょうか。

逆に韓国では、大小問わず日常的にサバイバル番組が放送されているので、見慣れてしまっている、という声も・・・

また、そんな韓国だからこそ目が肥えていて、スキル不足などが目につきやすく、成長を見守るスタンスになりにくいのかもしれませんね!

ぴよよ
ぴよよ
私も、推しが脱落してしまった時、丸一日何も手につかなかった経験があります

アメリカやヨーロッパでの認知度も高い!

BTSを生んだHYBEがプロデュースしていたI-LAND。

それだけで世界中の注目度はかなり高かったようですが、コロナ禍でK-POPアイドル達のワールドツアーがなくなってしまった時期に配信をスタートさせたことも大きな要因!

これにより、より多くの海外勢がこの番組を視聴していたそうなんです!

そして、ENHYPENのコンセプトが吸血鬼でダークコンセプトなのも海外が受け入れやすい理由の一つ!

ダークな世界観や、少しセクシーで大人っぽい楽曲、ゴリゴリのダンス曲など、キャッチーなのにクセがないので、海外では大衆ウケしそうですよね〜

現に「billboard200」には必ずチャートインするなど、アメリカでの人気の高さを証明しています♡

ぴよよ
ぴよよ
これって凄いことなんですよ!

ENHYPEN人気に日本や海外との違いがあるのはなぜなのか調べてみた

そして、韓国、日本、その他の国では人気に違いがあると言うのです!

それは好きな曲一つとってもそうですが、どういう姿を求めているのか、というところにも違いあるそうなんですよね〜

あとは応援方法でも人気の違いが分かると言われています!

音楽番組での1位を取る為には、アルバムの売上の他にも、音楽番組での投票や、スミン(音源の再生回数)をしないといけないんですよ。

アルバムの初動売上にのせる為にはいつの期間で、どこの販売店で購入しないといけないか、というのを考慮しないといけなかったり・・・

もちろん海外からも出来るんですが、海外勢はアルバム数よりも音源再生の方が強いとも言われています。

なので、円盤(アルバム)が強いグループは韓国や日本人気が強く、音源が強いグループは海外人気が高いと一般的に言われていて、どこの国で人気なのかの指標にもなっているとか。

ではENHYPENはどうなのか?見ていきましょう!

ぴよよ
ぴよよ
もちろん参考程度に!

日本人気は日本人メンバーニキのバックグランドが理由?

日本での人気を牽引しているのはニキの存在がかなり大きいのではないでしょうか!

ENHYPENのニキには、キッズダンサーとして活動していて、24時間テレビやめちゃイケに出演していたことも。

一番知られているのはSHINeeのキッズダンサーとしてコンサートに立っていて、この写真は有名ですよね〜?

SHINeeのファンの方はお馴染みだったようで、ENHYPENのニキとしてデビューしたことを知った反応が母親のようでした(笑)

そんな過去があり、「自分も韓国で活躍したい!」と単身13歳で韓国に渡りI-LANDで夢を掴んだニキのことを思うと、勝手に私も誇らしい気持ちになってしまいます!

2021年のSBS歌謡大祭典では、ステージ裏でMCを務めていたSHINeeのキーと再会した姿が大きな話題になっていましたよね!

すれ違い様にニキに気づいたキーが「ニキ?」と声を掛けた後にお辞儀をしながら挨拶するニキに「何で韓国語なんだよ〜ずっと日本語だったじゃん」と突っ込む姿も!

「今は僕より背が大きくなったね、昔は僕の胸くらいだったのに!」と成長を喜ぶ姿は親戚の叔父さんのようで私も見ていて勝手に感動していました(笑)

ダンススキルは説明するまでもなく素晴らしいのですが、同じ日本人だからこそ、ニキのことを応援してしまう、という方も多いはず!!

そんなニキのダンスは海外でも人気でENHYPENの高いパフォーマンスを牽引するニキを讃える声が多いのも海外勢なんですよ♡

ぴよよ
ぴよよ
ニキはダンススキルもそうですが、マンネらしいやんちゃな性格も可愛らしいのが魅力です

海外が好む傾向は音楽とパフォーマンスのスキルの高さ

ここで、海外が好む楽曲スタイルについて触れておきましょう!

先出していますが、海外はゴリゴリのダンスナンバーや、R&Bのような少しメローな雰囲気、少し懐かしい洋楽のような曲が人気の傾向にあるようです♡

ENHYPENの人気曲をランキング形式でご紹介♪

  1. Drunk-Dazed
  2. FEVER
  3. Given-Taken
  4. Blessed-Cursed
  5. Tamed-Dashed

アルバムのタイトル曲がランクインしているのは、特徴的な振り付けや、パフォーマンスの構成などが特殊な楽曲が多かったりするからなのでしょうか。

ステージパフォーマンスを重視しているのかな?と個人的に考察してみました!

日本のランキングだと、MVの可愛さや歌詞の切なさに注目している人も多いので、これも違った見方、聞き方で面白いですよね♪

ぴよよ
ぴよよ
ENHYPENのダンスは特徴的なフリが多くて見ていて楽しいものが多いので、見ながらノリノリな海外ファンが想像出来ますよね♡

まとめ

いかがでしたか?

韓国、日本、その他の海外では人気に違いがありますが、ENHYPENの場合は事務所の戦略で海外人気から韓国人気に繋がっていくような気がしますね♪

韓国国内ではなぜ人気ないのかな?と思っていましたが、それもデビュー当時のことだったので、ENHYPENらしさを失わずに、このまま突き進んで欲しいです♡

全員ダンススキルが高くパフォーマンスの迫力があるのも魅力なので、チッケムは誰のを見ても楽しいので私はカムバックする度チェックし続けますよ〜!

今回は、ENHYPEN韓国人気ない?日本や海外との違いがあるのはなぜなのか調べてみた!と題してお伝えしてきました♡

ぴよよ
ぴよよ
最後までご覧頂きありがとうございました♪